• 閲覧数:
  • 940
  • 口コミ:
  • 2
  • 評価:
  • ↑1
  • ↓4

カードnetキャッシュ

カードnetキャッシュ

カードnetキャッシュの評価

  • 投票数

    良い

    悪い

    投票数

  • 1

     

    総合評価

     

    4

  • 0

     

    スピード

     

    3

  • 0

     

    接客態度

     

    1

投票する

サイトに記載されているアピールポイント

大口利用大歓迎!ご納得のいく金額を提示致します!賢くクレジットカード現金化をするならカードnetキャッシュへ!

カードnetキャッシュの特徴

[その1]高換金率の振込
業界最高換金率98%保持!他社様には負けません!万が一他社様より換金率が低い場合はご遠慮なくお申し付けください!!
[その2]スピーディーな対応
365日全国どこからでも業界最速で最短3分送金!土日祝日でもネットバンクで送金可能で面倒な来店・審査不要!

初めてのお客様へ

初めてご利用頂くお客様でも最短20分でお手続きが完了します。また、弊社のスペシャルアドバイザーが親切且つ丁寧に最後までしっかりとサポートさせて頂きます。何なりとお申し付けくださいませ。

悪質?優良?カードnetキャッシュを徹底調査!

2017年8月頃から営業

カードnetキャッシュは、2017年8月に営業を開始したクレジットカード現金化業者です。サイトを見るとキャッシュバック方式のように思えますが、利用者が受け取る金額の割合を「換金率」と表現しているので買取方式なのでしょう。ちなみに、キャッシュバック方式の場合は「還元率」という表現になるのが普通です。

しかし最近の現金化業者のサイトはどれも似たり寄ったりで内容がまったくないものばかりですね。「流行ってる業者のサイトをパクって高換金率を謳っておけば馬鹿が釣れるでしょ?」という魂胆が見え見えでうんざりします。

運営者の情報は公開されていない

カードnetキャッシュのサイトには一応会社概要なるコンテンツがありますが、「会社名」の項目にあるのはサイト名で住所の記載はありません。つまり、サイトを運営している事業者の情報は一切公開されていないのです。

では、このような業者を利用するとどんな結末が待ちうけているのか?最悪の状況を考えてみましょう。

騙されたとしてもなすすべがない

買取方式のクレジットカード現金化は、利用者がクレジットカードで購入した商品を業者に売却し現金を得るという仕組みです。なので、利用者と現金化業者の間には売買契約が存在するのですが、これを証明する契約書はなく口約束だけで取引が行われます。

最近はネット上で完結する取引も多いため、少々感覚が麻痺している方もいるかと思いますが、口約束だけで数万円もする商品を売買するなど言語道断です。しかも相手は会社名も住所も明かしていない現金化業者。こんな約束は反故にするのが目に見えています。

案の定、約束していた買取額が振り込まれず消費者センターや警察に相談したところで、契約書もなければ相手にしてもらえません。「それなら直接文句を言いに行こう」と思い立っても業者の所在地はわからず、調べるすべもない。もはやお手上げですね。

カードnetキャッシュがこのような業者かどうかは知りませんが、サイト上に会社名も住所も記載していない時点でかなり疑わしいと言わざるを得ません。

海外サーバを利用している

カードnetキャッシュを利用すべきではない理由がもうひとつあります。それは、海外に設置されているサーバにサイトを開設していることです。

日本でサービスを提供するのに、なぜ海外のサーバを利用しているのか。これはプロバイダ制限責任法第3条に基づく「送信防止措置」から逃れるためです。

送信防止措置依頼

送信防止措置依頼とは、簡単に言うと「あなたが管理しているサーバに有害情報を載せてるサイトがあるから削除してくれ。さもないと共犯(幇助)になるよ。」って感じの依頼です。犯罪に関する情報や公序良俗に反する情報については、主に警察からサイト管理者やサーバ管理会社に対して行われます。(興味がある方はこちらをどうぞ。)

現金化業者が日本のサーバにサイトを開設すると、そのうち警察からサーバ会社にこの依頼が届き、サーバ会社に送信防止措置(サイトの削除)を行われてしまいます。これを防ぐためにカードnetキャッシュは海外サーバを利用しています。警察は海外のサーバ会社にこの依頼はできないし、海外のサーバ会社もこれに応じる義務はありません。

他の法律も適用が困難

さて、送信防止措置に関しては、あくまで現金化業者側の問題であり利用者には関係のない話です。利用者にとっての問題は、現金化業者との取引においてトラブルがあったときに、その他の法律の適用も困難(面倒)なことです。

現金化業者が海外サーバにサイトを開設していても、その実体は日本にあると考えられるため、捜査機関が「その気になれば」法に基づき対処することは可能でしょう。(海外法人を建てていた場合には準拠法等の問題が生じるのでケースバイケースかと。)

ただし、捜査が面倒な上に民事で被害額も少額。まあその気になることはないですね。

これは、ほぼすべての現金化業者のサイトで行われている有利誤認表示(景表法第5条第2号)が一向に改善されないことからも明らか。利用者からクレームが寄せられていないはずはないので、捜査機関のやる気がないってことです。

有利誤認表示とは?

簡単にいえば、利用者の購入を促すために、商品の価格や取引条件を実際よりも利用者が有利になるように表示することです。代表的なものは、二重価格表示ですね。これに違反すると消費者庁などからこんな感じの措置命令が届きます。

まとめ

カードnetキャッシュは、意図的に名前も住所も隠した上で利用者と契約を結ぶような業者です(まあほとんどの現金化業者に言えることですが…)。

その上、海外サーバにサイトを開設しているため、取引において何かトラブルが発生したとしても頼れるところはありません。関わってはいけない業者です。

キャンペーン情報

2017/09/11 14:27up

お得なキャンペーン情報

【特典その1】新規ご契約のお客様に最大5万円プレゼント
【特典その2】お客様ご紹介で次回3%換金率UP

カードnetキャッシュの概要

店名
カードnetキャッシュ
所在地
記載なし
URL
http://card-net-c.shop/
還元率
89%~98%
営業時間
9:00~19:00
日曜営業
15時以降振込
×
電話番号
0120-940-807
代表
石田尊
お申込み方法
取引銀行

サイトを見に行く

カードnetキャッシュへの口コミ

(2件)カードnetキャッシュへの口コミ

2. @管理人 18/03/09 12:12
>>1さま
貴重な情報ありがとうございます。
やはり、そういった系統の業者でしたか…。

現金化の取引は「売買契約」であり、一度合意した内容をどちらかが一方的に反故にすることはできません。今回のケースは明らかに業者側の債務不履行となるため、チャージバックの適用事由にあたると考えられます。

カード会社に事情を説明すれば決済の取り消しは可能かと思います。(カードを利用停止にされる可能性もありますが…)もしくは上記対応を行う旨を現金化業者に伝えれば、キャッシュバック金額の交渉に応じてくれるかもしれません。

「いい勉強になった」と諦められる金額ではない場合には検討してみてください。

1. 東京都 18/03/09 09:20
星一つも付けられない最悪な会社です
そもそも新規還元率アップキャンペーンはやっていないと言われました。
更に、決済直前まで念入りに還元率を確認したにも関わらず 決済直後還元率は60%まで下がります!と言われ泣き寝入り。30分揉めました。
他の業者を一度でも利用している方は決済後に還元率を下げられるのでやめた方が良いと思います。

お名前

コメント

上記コメント欄にご入力後、「口コミを投稿」ボタンをクリックされますと、口コミがカウントされ、業者への口コミ欄に反映されます。
※同一IPからの投稿は30分制限を行っております。